名入れタオルを作成すること

名入れタオルは販売促進のために利用することが多いです。インターネットからでも申し込みを行うことができるようになってきているので、便利なのです。費用も抑えることが出来るようになってきています。大量に発注をすることも可能となっているので、便利でもあるのです。自社のオリジナルのものを発注することも可能となっていますし、何かと便利ということもあるのです。種類も豊富なので、色々とチェックしてみると良いです。専門業者もたくさんあるので、どこがもっとも良いのか、利用しやすいのかということも検討すると良いです。業者の通販サイトでも対応をすることが出来るようになってきているので、迅速に対応をすることが出来るようにもなってきているのです。複数の業者があるので、価格の比較も行いやすくなっているというメリットもあるのです。


名入れタオルをお別れのプレゼントに

先日、幼稚園で仲良くしてもらっていたお友達が転勤になり、引っ越すことになりました。娘ととても仲良くしてくれていた大切なお友達ですから、娘もかなり寂しがっていましたが、お別れと、また会おうねという意味を込めてプレゼントをしようということになりました。娘と色々探して、2人が大好きなキャラクターのタオルを見つけました。そこでは名入れを有料でしてもらえるということで、これだ、と思いました。刺繍できちんと名入れしてもらえるので、洗濯しても取れることがありませんし、見た目もとてもキレイです。同じタオルを娘とお友達の名前それぞれを入れてもらい、キレイにラッピングしてもらいました。お別れの日に娘からプレゼントしたら、お友達はその名入れタオルがとても気に入ってくれたらしく、大変喜んでくれました。これからもお友達だよ、という気持ちが伝わって、親としても嬉しかったですし、遠く離れた町で同じお揃いのタオルを使ってくれていると思うと、とても温かい気持ちになりました。


名入れタオルの使い方とその広告力

取引のある会社からお年賀でいただいたり、温泉地の旅館やホテルにおいてあるものを手にすることが多い名入れタオル。その始まりは江戸時代、新年のあいさつ回りに、力士や落語家、歌舞伎役者が名前や紋をいれた手ぬぐいを名刺代わりに贔屓筋や顧客に配ったのが始まりといわれています。その使い道は様々だと思うのですが、我が家ではお風呂上りにバスタオルで体をふく前に、一度余分な水分を拭き取るために使っています。毎日使うものですので、フェイスタオルやバスタオルよりも薄手で乾きやすいので使い勝手がよく、使い古したものは雑巾として使用して、気兼ねなく廃棄することができるところが便利です。また、名入れタオルの良さは、ふとした瞬間に印刷されている会社名やホテルや旅館の名前が目に入るということです。会社やホテル・旅館にとってはお客様に名前を憶えてもらったり、思い出してもらうことはとても重要ですし、江戸時代から現代まで名入れとタオルを配る習慣が残っているというのは、比較的安価で確かな広告力があるからなのだと思いました。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>