フランチャイズとそれ以外の選択肢の比較

店を開いて商売をする時には、大きく3つの選択肢があります。独立独歩の精神で何から何まで自分で商材を揃えるか、代理店契約を結んで人気商材を売り出すか、フランチャイズの傘下に入るかです。最初のやり方は、チャレンジ精神は立派ですが、何の後ろ立てもなくて非常にリスキーな選択肢だと言えます。代理店契約は委託商品を販売するので、仕入れリスクが低く、いざとなればいつでも撤退できるのが利点です。しかし、人気商材を委託販売するというだけではビジネスとしてパンチが弱いことも否めません。その点、フランチャイズは全国的に名の知れたグループの看板を背負うので集客力は抜群です。その上、詳細なマニュアルを渡され、指導も受けることもできるので初めて商売をする人も安心です。ただ、そのためには、最初に親会社へ多額のお金を支払わなければならあいので、資金に余裕がない方にはおすすめできません。

フランチャイズ加盟店とは

フランチャイズとは、会社本部と加盟店の二つの組織構成となっています。加盟店は本部の会社名や商品の仕入れルート、宣伝広告などお店経営に必要な知識を教えてもらうことができます。その対価として加盟店の利益の数パーセントを払うことになっています。代表的な例でいうとコンビニや居酒屋などで多いです。メリットはやはりネームの知名度や経営方針を知ることが出来る点などがあり起業した時に成功しやすくなる点などがありますが、デメリットとして売り出す商品や経営方針、就業規則など自由が利かない面もあります。無知識でお店をやるにはなかなかの苦労をしてしまいますので経営に心配な方は一度加盟してから個人経営にすることもいいです。メリットとデメリットを十分に理解していろいろな会社の話しを受けたり調べたりして加盟することをお勧めします。

フランチャイズのメリット

コンビニなどの小売業や、居酒屋、ファーストフード店などの外食産業、そして不動産業など様々なところでフランチャイズという言葉をよく耳にします。フランチャイズというのは簡単にいうと、本部と加盟店とが契約を交わし、加盟店は本部から営業権や販売の方法、指導や援助などを受ける代わりに、本部に対して利益の中から決められた分をロイヤリティとして支払うことによって成り立つ事業形態のことをいいます。フランチャイズのメリットは少ない資金と労力で、経営の未経験者でも事業を始めやすいというところです。本部から経営の指導を細かく受けられるので開業までが効率よくスムーズに進みます。また分からないことや困ったことがあった場合も、相談にのってもらえたりするなどサポート体制も整っています。そういうことから、独自で開業するよりも失敗が少なくなり、成功率は高くなるといえます。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>